診察・検査予約・お問い合わせ

ブログ

日隈ブログ

2019年11月12日 ブログ

「くまもと障がい者芸術展」@熊本県立美術館分館

 令和元年度「くまもと障がい者芸術展」に出展してきました。

 毎年12月3日から9日は障がい者週間です。熊本県では障がい者に対する熊本県民一般の方々の理解を深めると共に芸術的・文化的な作品の創作を通して、社会的自立への意欲を喚起し社会参加の促進を図ることを目的とし、くまもとハートウィークイベント「くまもと障がい者芸術展」を毎年この時期に行っています。開催期間は令和元年11月6日から11月10日の間、熊本県立美術館分館1階 ギャラリー及び展示室1で行われました。

 当院からは、4名4作品(絵画、短歌、紙細工、書道)の出品でした。県内から多くの作品が集まり、会場にはたくさんの方が来場されていました。

短歌 作品タイトル 「窓を眺めて」

 今回初めて作品展自体に出品された60代女性。「この芸術展があったので人生で初めて作品を出します。今年の梅雨はなかなか来なかったので待ち遠しく思いニュースで梅雨入りを聞いたその時の気持ちを短歌にした」との意気込みを語って下さいました。普段なかなか集中力が続かないこともありますが、この句が完成したときはとても良い笑顔でした。

 年に一度の開催とあり、出品者が目標を持って取り組む姿はその方本来の姿の一面であること改めて感じました。来年も、是非参加したいです。

(写真は御本人の許可を頂いております)

© Hinokuma Hospital.


TOP

無題ドキュメント